大阪 八尾市で子どもの歯科・ 矯正の歯医者をお探しならどんぐり小児歯科へ

  • 電車でのアクセス
    近鉄八尾駅 徒歩1分
  • 医院住所
    八尾市東本町3丁目5-3プラザサントリア2F
お問い合わせ・ご相談はこちら
お問い合わせ
  • [診療時間]
    09:30~12:00 / 14:30~18:00
  • [休診日]
    木曜・日曜・祝祭日

よくある質問

どんぐり小児歯科のよくあるご質問

  • 歯列矯正、痛みはありますか?

    個人差はありますが、多少の圧迫感があります。 歯の傾斜を修正する場合には痛みを伴いますが、約3日ほどで消失します。

  • 顎顔面矯正治療中、食事はできますか?

    装着初期には不慣れなため、食事が難しいことがあります。 しかし、低年齢のお子様の場合、適応能力が高い為、大きな問題にはなりません。

  • 顎顔面矯正治療で顔が大きくなってしまいますか?

    上顎骨を拡大しますので、一時的に中顔面部が広がることで顔が横に大きくなる現象が起こります。但し、咀嚼筋、表情筋の影響で戻されますので、成長に合わせて本来の発育する範囲に留まります。

  • 仕上げみがきを子供がイヤがります…どうしたら良いですか?

    1~2歳はまだまだ赤ちゃんです。耳そうじや耳そうじがイヤなのと同じで、仕上げみがきをイヤがるのは当然のことです。でも、入試は永久歯に比べて柔らかく虫歯になりやすいので、この時期にしっかりと歯みがきの習慣をつけることはとても大切です。嫌がっても1分ぐらいで済ませれば、3歳頃には協力的になっていきます。

  • 仕上げみがきは何歳までするの?

    個人差はありますが8~9歳頃、「やっつ」「ここのつ」と”つ”のつく間は仕上げみがきをしてあげてください。爪切りや耳そうじがひとりでできるようになれば、手先が器用になってきた目安です。ただし見えにくいお口の中を隅々まで磨くのは意外と難しいので、歯みがきは毎日しているから!とついつい子ども任せにしないで、保護者が時々お口の中をチェックしてください。

  • 歯ミガキ剤は使った方がいいの?

    歯ブラシだけで磨いてください。寝ころんだ姿勢の仕上げみがきでは、歯ミガキ剤による泡が喉の奥まで流れ込み子どもが苦しい思いをします。また、泡立つことでお口の中が見えにくくなり、歯ブラシを当てるポイントが見えにくく磨き残しの原因となります。

どんぐり小児歯科のページ先頭へ